前へ
次へ

遺族に失礼にならない葬儀マナー

葬儀マナーとして、どうしても葬儀に行けないのならば、葬儀開始までに間に合うように、急ぎ供物・供花を送りましょう。
しかし、直接遺族にお悔やみの言葉を述べたいのならば、そうした機会を設けてもらいましょう。
自宅へ弔問に出向いても迷惑にならない相手方の都合を電話にて確認しましょう。
また、葬儀マナーとして葬儀に行けないにしても、香典を包む必要があります。
金額は気持ち程度です。
勘違いされる方もいますが、沢山包めばいい祝い事とは違うので、5000円程度でも十分です。
通夜から全てを欠席するならば、直接渡すことができません。
葬儀に参列する人に預けることは葬儀マナーに反していませんが、表書き、中袋、裏面に名前と住所、金額をしっかり記入しましょう。
先に述べたように、後日自宅に訪問するならば、その時に香典を渡すのが葬儀マナーです。
もしも香典を預けていて、すでに渡している状況であれば、自宅弔問の際には線香代は不要、故人の好きな供物を持参することがマナーです。

Page Top